読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IPO調査隊

IPOの情報を発信していきます。

マーキュリアインベストメント(7190)

マーキュリアインベストメント(7190)の上場情報

  • 所在地:東京都千代田区
  • 代表者:豊島俊弘 代表取締役
  • 資本金:4億2905万円
  • 上場先:東証2部
  • 上場時発行済株式数:4,437,000株
  • 公募株式数:531,000株
  • 売り出し株式数:381,100株
  • オーバーアロットメントによる売り出し株式数: 135,100株
  • 需要申告期間:9月29日~10月5日
  • 仮条件:1,400~1,450円(9月28日)
  • 公開価格:1,450円(10月6日)
  • 申込期間:10月7日~10月13日
  • 払込期日:10月14日
  • 上場日:10月17日
  • 主幹事:SMBC日興証券
  • 会計監査人:あずさ監査法人

マーキュリアインベストメント(7190)の業績

2015/12

  • 営業収益:2,048百万円
  • 純利益:621百万円
  • 1株利益:177.46円
  • 1株配当:0円

2016/12(予定)

  • 売上高:2,270百万円
  • 純利益:717百万円
  • 1株利益:161.59円
  • 1株配当:45円

2016年12月期の連結純利益は、前期比15%増の717百万円を見込んでいます。

運用してきた既存ファンドの投資実績が好調で、成功報酬の増加が自社の業績を押し上げています。

マーキュリアインベストメント(7190)の業務内容

ファンド運用事業、自己投資事業を行っている会社です。

アジアなど海外進出を目指す中堅企業に投資するファンドなどを運営しています。

優れたサービスで高い成長が期待できる内需型企業も投資対象にしています。

これまで、ライフネット生命保険やほけんの窓口に出資した実績があります。

北京のオフィスビルなどの不動産投資も手がけています。

2017年にかけて先進国を対象にした不動産ファンドや航空機リースのファンドも検討しています。

筆頭株主は、日本政策投資銀行で、伊藤忠商事三井住友信託銀行も大株主に名を連ねています。

2016年8月には、日本政策投資銀行三井住友信託銀行と共同で80億円規模の新ファンドを立ち上げました。

稼いだ利益の3分の1程度を安定的に配当する方針です。