IPO調査隊

IPOの情報を発信していきます。

JMC(5704)

JMC(5704)の上場情報

  • 所在地:横浜市
  • 代表者:渡辺大知 社長
  • 資本金:2億6300万円
  • 上場先:東証マザーズ
  • 上場時発行済株式数:2,450,000株
  • 公募株式数:970,000株
  • 売り出し株式数:30,000株
  • オーバーアロットメントによる売り出し株式数:150,000株
  • 需要申告期間:11月10日~11月16日
  • 仮条件:920~960円(11月9日)
  • 公開価格:960円(11月17日)
  • 申込期間:11月18日~11月24日
  • 払込期日:11月28日
  • 上場日:11月29日
  • 主幹事:野村証券
  • 会計監査人:有限責任あずさ監査法人

JMC(5704)の業績

2015/12

  • 売上高:1,327百万円
  • 税引き利益:124百万円
  • 1株利益:83.85円
  • 1株配当:0円

2016/12(予想)

  • 売上高:1,532百万円
  • 純利益:124百万円
  • 1株利益:50.61円
  • 1株配当:0円

2016年12月期は、自動車や医療向けの好調で単独売上高は前期比15%増の15億円、税引き利益は人件費の増加で前期比並みの124百万円となる見込みです。

JMC(5704)の業務内容

3Dプリンターおよび砂型鋳造による試作品、各種部品・商品の製造、販売を行う会社です。

砂型鋳造と3Dプリンターの2方式で金属や樹脂製の部品を生産しています。
自動車部品や医療機器など500社以上と取り引きがあります。
コンピューターでの設計から生産まで自社で手がけ、短納期・高品質が強みです。

金属を型に流し込む鋳造方式が売上の3分の2を占めます。
自動車の軽量化需要を追い風に、アルミニウムやマグネシウム合金を材料とした部品が好調です。

残りを3Dプリンターで樹脂製部品を作る事業で稼いでいます。
医師の模擬手術用に患者の骨や臓器のモデルを作ったり、製品開発で試作したい各メーカーのニーズに応えます。

生産設備がフル稼働状態のため、上場で調達する資金は設備増強に当てます。

配当は、設備投資を優先するため見送る方針です。