読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IPO調査隊

IPOの情報を発信していきます。

AWSホールディングス(3937)

AWSホールディングス(3937)の上場情報

  • 上場先:東証マザーズ
  • 上場時発行済株式数:1,330,160株
  • 公募株式数:110,000株
  • 売り出し株式数:なし
  • オーバーアロットメントによる売り出し株式数:16,500株
  • 需要申告期間:6月2日~6月8日
  • 仮条件:2,290円~2,490円
  • 公開価格:2,490円
  • 申込期間:6月13日~6月16日
  • 払込期日:6月20日
  • 上場日:6月21日
  • 主幹事:SBI証券
  • 会計監査人:新日本監査法人

AWSホールディングス(3937)の業績

2016/03

  • 売上高:2,926百万円
  • 最終損益:▲4百万円
  • 1株利益:▲3,89円
  • 1株配当:0円

2017/03(予)

  • 売上高:3,434百万円(前期比17%増)
  • 最終損益:167百万円
  • 1株利益:125.54円
  • 1株配当:0円

 

AWSホールディングス(3937)の業務内容

AWSホールディングスは、フィリピンでシステム開発をしている会社で、フィリピンで採用した人材を活用し、主に日本企業向けのシステム開発を行っています。

毎年フィリピンの有名大学を成績上位で卒業した人員のみを採用することで、フィリピンの現地の若くて優秀な人材を活用し、日本国内での開発に比べて人件費を大きく抑えられています。

開発の依頼主と滞りなく仕事を進めるため、英語と日本語を話せるよう4ヵ月の研修を行います。

また、企業が開発したシステムが想定通りに動くかテストするための自動化ツールも提供しています。

これらの自動化ツールはフィンテック(金融×IT)関連での金融業からシステム開発の受託が増えています。

その他、病院や薬局向けのソフト販売も行います。

新株発行で調達する資金は、今後の事業投資と人材採用に充てる予定です。